So-net無料ブログ作成

夜は優しい [詩]

ほの暗い路地裏 赤い眼をした猫が笑う
しけたタバコの煙とともに 今日も誰かが闇に溶けていく

嘘をつかなきゃ生きていけない そんな言葉がよく似合う
騙し騙され背負ったものは 許されざれる罪深さ

夜が大きな口を開いて この街すべて飲みこむだろう
月に照らされ浮き彫りになる この気持ちをどこへ吐き出せばいい
わからなくなる たまらなくすぐ
衝動とともに弾けて消えたい

人間なんて弱いものだから 逃げ出したくなることもある
都合のいい場所を探して 今日も誰かが闇に溶けていく

夜が大きな口を開いて この街すべて飲みこむだろう
酒を片手に語らう君 眼は少しも笑ってない
哀しさは増す 明日が近くなる
朝が怖くて仕方ないんだよ

夜は優しいんだよ
nice!(3)  コメント(17) 
共通テーマ:恋愛・結婚

悪い夢 [詩]

夕焼けを見つめる虚ろな瞳
いつもと変わりない景色の中で
 
不意な言葉が罪を生み
君の一言で憂い悩み
答えのない理不尽な問いに
心は徐々に先細る


橙色の光が 照らし
暴きます

夜空を見上げる空っぽの少年
名も無き星座を組み立てる
 
天の川を泳ぎたがる淡水魚
獅子のように振る舞う鼠
真っ青なベテルギウス
哀しさばかり溢れてくるね


長い夢の後で差し込む光
悪い夢を見ていた気がする


悪い夢を見ていた気がする





nice!(3)  コメント(32) 
共通テーマ:恋愛・結婚

時代 [詩]

暖炉のそばを 一人たたずむ老人
刻まれたしわの奥には 暖かな歴史
睡魔にいざなわれ 瞼を落とすと
蘇る思い出



ちょうど半世紀前 ある暑い夏に日に
夜空で瞬く星よりも 綺麗な
君を見つけたよ


おんぼろ馬車に揺られ たわいない会話を交え
それでも心はどんどん 近づいていく
君に惹かれていく



遠く色あせた記憶を ゆっくり噛み締めてみると
君はまだ僕の隣で 笑ってる




深い森の湖 はしゃぐ君
無邪気な君の笑顔に 心洗われた
こんな日々がずっと続けばいいな・・・




思いと裏腹に 荒れゆく時代
誰も求めていない 血と火薬のにおい
焼きつくす業火 引き裂かれる絆




おんぼろ馬車に揺られ たわいない会話を交え
予感する決別の時 でも本当は
君と一緒がいいよ



辺境の集落 涙目の君
二人過ごした時間は 唯一無二
じゃあ少し出かけてくるよ




思いと裏腹に 荒れゆく時代
拳銃を片手に 君への愛を胸に
醜すぎる現実 突然の終止符



すぐに君のもとへ けど見えなくて
墓標に一つ 見覚えのある名前
沸き立つ怒り 言いようのない悲しみ



時は移ろい 新たな世代
僕はひとり 君を想い
僕はひとり 君を想い
僕はひとり 今でもひとり




遠く色あせた記憶を ゆっくり噛み締めると
君はまだ僕の隣で 笑ってる


遠く色あせた記憶を 胸の奥で抱きしめると
君の鼓動が僕へ 伝わっていく



さよならさえ告げれなくて 本当にごめんね
でもそれより伝えたかった言葉は


あいしてる


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:恋愛・結婚

1059 [詩]

長い夢のあと 眼を覚ました僕の隣には
やっぱり君はいなくて
もう一度 枕にうずくまる



朝を告げる 小鳥達の囁き
僕の心の夜は 明けないまま




月日は流れて 君を想えば
胸の内にやさしい風が吹くよ
綺麗なままで あの時のままの
君の笑顔が ほら・・・




夕暮れを知らしめる 鴉達の喚き
ああ今日もまた 世界が閉じる




太陽が照らし 月が抱擁する
時の流れに抗えずとも
暖かな思い出を胸に 
きっと僕らは 





当たり前の日々の中に
君という名の奇跡に出会えた




ほんとにありがとう




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

しあわせ [詩]

古ぼけた一枚の写真が 部屋の隅で
ふと僕に 呼びかけているような気がしたんだ
完成してしまった物語
ピリオドの先には 何も綴れないよ

胸の中で繰り返す 暖かな思い出は
今の僕を突き動かす ふたつめの心臓なのかもね
手を取り合い 夢語った
青き刹那を 僕は



忘れかけていた ふたり始まったあの日
気づいた瞬間に 会いたくなったよ
君の家路まで遠くはないけど
今の僕には 月までの距離




笑顔ふたつ向き合わせ 心躍ったあの日
たわいない思い出ほど 鮮明さを増すのは何故?
ほんの少しだけ 解った気がするんだ
幸せの二文字を 僕は


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

共存 [詩]

晴れ渡っていた空 
蒼を半分こする飛行機雲


君とこの場所を分かち合えて 良かったよ


君と出逢ってから 僕は全て塗り変わった
隠していた汚れた色さえ 君は
笑いながら かわいいねって言ったよ

その優しさと その温もりに
救われた日々は 星の数よりも上だよ
誰かを愛すること 気づかせてくれた


困った顔のあの空と 
てんで駄目な君の嘘


素直で優しく無邪気な君には 似合わないよ


君と出逢ってから 僕はナルシストになった?
自分を好きになれる 君を好きな僕だから
大好きな君に送る 




有り難うを込めたさよならを




その笑顔と 甲高い君の声で
彩った季節は 全部本物なんだよ
誰かを愛すること 気づかせてくれた



自分を大事にすること 教えてくれた君に


有り難うを込めたさよならを



nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:恋愛・結婚

信念執念 [詩]

見知らぬ空 まだ感じぬ風
待っているの 僕のことを?

泣きたいときに 泣けなくて
笑えなくて 悲しくて
みんなそれぞれの 傷を背負ってる
だよね?


嬉しいときには 手をたたけ
悲しいときには 泣き叫べ
みんなそれぞれの 傷を背負ってる

そうだね


生きるという意味を 孕んだ君の人生
何事にもとらわれる事なかれ
思うがままに 突き進め!
たどり着いたその先は 君のみぞ知る景色

見知らぬ空 まだ感じぬ風
待っているよ 君のことを

待っているよ いつまでも




nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

理解予測可能 [詩]

君が離れていくこと 
僕はずっと前から知っていたよ
本当はとってもつらいけど
君の笑顔が 僕の隣で偽物になるくらいなら
喜んで 手を離すよ


君が遠くへ出かけてしまったよ 
帰ってこないのは知っているけど
君の笑顔が 誰かの隣で輝いているなら
嬉しくて 暖かくなるよ

勘違いだったらごめんね 
でも僕は信じているんだ
君の事 誰よりも知っているんだと

君の世界が 現実に蝕まれて
好きだった色を忘れてしまいそうなら
いつだって僕が 呼び起こしに行くから
君は君の世界を 僕は僕が描く夢を


君の笑い声がどこかで響いたよ
その場所はもうわからないけど
また少しだけ 強くなれるよ


nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

被害妄想 [詩]

気づいてるんだ 本当は
世界が僕を拒んでる訳じゃない
誰彼が酷い訳でもない
陽の当たる場所に出るのが怖いだけ

もう二度と朝日がこの部屋を
照らすことはないだろうと予感した
暗闇に慣れ始めた僕の瞳が
不意に映した 一筋の光明

さあこっちへおいでよ
みんな君を待ってるんだよ
傷ついたっていいじゃないか
その傷が君を強くするから

さあこっちへおいでよ
世界は君を望んでるんだよ
あり得ない事なんてないんだ
夢物語 成し遂げてしまおう

気づいてるんだ 本当は
弱い僕を支えてくれている声が聞こえる
辛いとき励ましてくれる歌がある
閉じこめた僕の夢 咲かせられたなら

あり得ないことなんて ないんだ





nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ネガティブ365 [詩]

生きていく ただそれだけなのに
どうしてこんなにも面倒くさいの?
怒り 憎悪 悲しみ 絶望
知りたくなかったのに
背中が重いよ


生きていく ただそれだけなのに
どうしてこんなにも息苦しいの?
切なさ 嫉妬 孤独 虚無感
胸が痛いよ
苦しいよ



でも神様は 悪魔じゃなかったんだ
僕等が脆い生き物ってことを 知ってたから
一人で寂しく生きていけないように
誰かの愛で生かされるように
心を作ったよ


生きていく ただそれだけなのに
どうしてこんなにもすばらしいのでしょう?
それはきっと いや絶対

誰かの愛が僕を生かしてくれているから

nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。