So-net無料ブログ作成
検索選択

その時あの時 [詩]

その時 あの時 
とても楽しかった思い出
思い出すたびに ズキンと響くような
そんな痛みを覚えたのなら


その時 あの時
なんで言えなかったんだろう
後悔するたびに 張り裂けそうな
そんな痛みを刻み込まれたなら


忘れる勇気よりも
僕は思い続ける勇気が欲しいよ

例え叶わなくとも
結局自己満足の世界だから
ほらまた君を夢見てる

かすんで掴めない光
解っていても何度も手を伸ばす
君を忘れたくないから

その時あの時
確かに其処にあった目映い景色は
瞳の先にもう映らないけれど
目を閉じればいつだって そう

ほらまた君を夢見てる


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ユウキの歌 [詩]

踏み出せないその一歩
近そうで遠い距離
そばに駆け寄りたいけれど 
ナニカが欠けてて動けないんだ


君を想うと なんかこう胸がぎゅっと
苦しいけど嬉しい
君に伝えたいけれど
ナニカが欠けてて声が出ないんだ



そろそろ気づいてくれよ
どれだけ僕を避けているの?
大丈夫だよ 信じてくれよ

君の足かせを外してみせるから!
大気の震わせ方を教えてあげるから!



それでも駄目だよ もう無理だよ
結局何も始められないよ

んなこと言ったら許さないからね
君が諦めたふりをしても
君の中の僕は真実を知っているから


僕は誰よりも 君を知ってるんだ
君は誰よりも 僕を知っているはず

my name is Courage.

僕の名を思い出せたときには

踏み出したその先の景色を見ているはず

不安なときには 悲しいときには
君の中で眠る「ユウキ」の歌をくちずさもう

nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

好きだよ [詩]

春のにおいを運ぶ 優しい風
僕は思い出す 今日も一人で

届くことを知らぬ 自己中な想い
届いたら届いたで
君を汚してしまいそうで・・・

それでも忘れられない 
君と出会えた日々に感謝
同じ季節 同じ色を彩れた
今では遠く それでも確かに

「好きだよ」
あの頃は 何であんなに簡単に
今では声に出すことさえ ためらう僕が居る

「好きだよ」
こんなに短い言葉なのに 
どうしても どうしても

春のにおいを運ぶ 優しい風が吹く
君が手を振った あの時を思い出す

君と手を繋いだ 遠い日も思い出す
其処にあった日々が 本当に「好きだよ」
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:恋愛・結婚

tomodati [詩]

僕がきっと 産声を上げたときから
君はずっと 友達だったと思う

悲しくて切なくて
声に出しても押さえきれないから
君に助けを求めたんだ

楽しくて嬉しくて
声だけじゃ全部表せないから
君と出会えたんだ

いろんな人と出会ったよ
いろんな傷を背負ったよ
いろんな幸せを知ったよ

真っ黒の夜空に 閉じこめられる前に
刻み込みたい 忘れたくない
そんな光を見つけたい

楽しくて嬉しくて
悲しくて切なくて
綺麗なもの汚いもの
全部僕のもの

真っ白な雲の上に 駆け上る前に
焼き付けたい 離したくない
そんな光を見つけたい

君と一緒に


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

悲観者 [詩]

世の中腐ってる
見下す自分が一番腐ってる
こんな醜い本音さえも 
君の笑い声がかき消してくれた


世界は終わっている
無能な僕が言える立場じゃない
劣等感でひしめく心
君が優しく解きほぐした


今は遙か彼方の君へ
伝えたい気持ち 感情論
山ほどあるのだけれど
言葉では君に届けられないよ

言葉に出来無くったっていいと思う
そんなに簡単なものじゃないから


夜空が近づいてくる
僕は寂しくなるけど
君が光ってる 頭の中のどこかで

それだけで僕はまた
笑顔で歩いていける





nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:恋愛・結婚

あの日の夢 [詩]

いつか見た あの日の夢
今は淡く薄くなってしまったけど
胸の奥で息づいてる

さよならと 君に告げるだけなのに
どうしてこんなにも
口が堅くふさがるのかな?

笑顔で飾った 温もりで色づけた
優しさで織りなした
ふたりだけの思い出

いつか見た あの日の夢
今は遠くかすんでしまいそうだけど
眼差しが今も追い続けている


涙で濡らした 怒りで壊した
妬みで濁した
僕だけの後悔

手と手繋いだ その手を離した
最後に笑った
君の顔忘れない

いつか見た あの日の夢
今も目を閉じればすぐそこに
君が又笑う そんな気がした

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ひとつづつ [詩]

僕には特別な才能なんて 
言うまでもなくございません
汗水垂らして努力も出来ません
出来ないんじゃなくて していないだけ
自分に逃げ道作る 僕はだらしないや

僕には誇れるような夢はありません
ないんじゃなくて 見つけていないだけ
そう信じて自分を取り繕って
本当の自分を又隠してしまった

ひとつづつ 見つけていけばいいんだよ
誰がそんなに君をせかしているの?
多分それは きっと 
そう 君自身だよ
簡単に出した答えなんて 味気ないだろう?

ひとつづつ こなしていけばいいんだよ
誰がそんなに君をせかしているの?
多分それは きっと 
うん 君自身だよ
時間は早足になったりはしないよ

大丈夫 
孤独な夜を越えた日々だけ 明日の朝は眩しく
痛みを理解した分だけ 昨日より優しくなれる
終わりに近づく分だけ 今を大切に思える

全部いっぺんにはわからないから
ひとつづつ 自分のものにすればいいのさ

不安と戦ってきた日々だけ 君の瞳は強く輝く
涙を流した分だけ 君の心は透き通っていく
誰かを愛した分だけ 君にもほら






nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:恋愛・結婚

景色 [詩]

曇りガラス しがみつく水滴を
僕の人差し指が そっと振り落とした
窓の向こうに見えているのは
きっと僕にしか見えない景色

何をやっても中途半端
初めからしなければ良かった!
そんな愚痴 聞き飽きた
スピーカーのボリュームを少し上げた

誰が誰かの命を奪った
嫌でも耳に付く 7時半のニュース
そんな事件 聞き飽きた
苦し紛れに流す ポップミュージック

目をふさいで 耳も塞いで
ついでに口も塞いでしまおう
自殺願望?
いやいや現実逃避の最終形態

景色を消して 音も消して
ついでに呼吸も消してしまおう
もうリタイアなの?
答える前に消えてしまいそうで

落ちて 叩かれて
見えた景色


暗闇にこそ光が見える
黒い画用紙には白が映える
気づくのが少し遅くなっただけ

浮かび上がるスタートライン
掌に感じる温もり
徐々に柔らかくなる孤独の蔭

手を繋いで 笑って
見えた景色

本当に見たかった景色

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:恋愛・結婚

贅沢は言わないから [詩]

聞こえるわけ無いはずの 君の声がふと通り過ぎた
記憶の片隅に今もまだ 輝いている景色

ねえ 僕のために笑って 
なんて贅沢はもう言わないから
どうか君に幸せが 絶え間なく降り注ぎますように
神様

感じるはずなんてないのに 君の気配が横切った
淡い思い出がうずくよ 笑顔と共に

春風を纏う君の後ろ姿は 綺麗だった
振り向き間際に見せるその顔が
本当に 本当に

ねえ 僕のために笑って
なんて贅沢はもう言えないけど
どうか君に幸せが 絶え間なく降り注ぎますように
願ってる


忘れないよ
神様 ありがとう

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

お月様 [詩]

意味わかんない 孤独抱えて
夜風に当たり 月明かりを眺めてた
全然眩しいわけでもないのに
僕の瞳は 光を拒んだ

お月様 僕を見ていますか?
そこから見える 僕の表情はどんな感じですか?
僕の眼は まだ呼吸をしていますか?

訳わかんない 不安背負って
呆然と佇みつつも 月は照らしていた
そんなに目映い光でもないのに
惑う僕の影を ハッキリ映し出した

お月様 僕を見ていますか?
そこから見える 僕の背中は何を語っていますか?
僕の眼は まだ明かりを灯していますか?

噂のツンデレってやつかな
お月様は一度も口をきいちゃくれない
孤独は晴れない

お月様 アイツを見てますか?
そこから見える アイツの表情はどんな感じですか?
幸せそうな笑みです そう言って欲しいんです

それだけで良いから 僕に答えて
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。